福岡の賃貸住宅は自転車持ちに最適解|自転車ライフの充実度が爆上がり

「通勤・通学にお気に入りの自転車を使いたいけど自転車は置き場所に困るから…」と迷っている福岡在住の人はいませんか?

自転車での移動は健康維持の面から推奨されている移動手段の一つ。

加えて、初期費用が掛かるものの日々の交通費が削減できるため、少しでも趣味にお金を使いたい人にうってつけです。

高級自転車の保管(盗難のリスクなし)に困らず、メンテナンスエリアあり、サブスク利用などメリットの多い物件『デュオフラッツ西新WEST & EAST』。

福岡在住の自転車乗りのための賃貸住宅が『デュオフラッツ西新WEST & EAST』です。

本記事では、賃貸住宅『デュオフラッツ西新WEST & EAST』の評判、福岡で自転車通勤をするメリット・デメリットなどをまとめています。

福岡の自転車持ちに最適化された賃貸住宅!

\ ストレスフリーで充実度の高いサイクリング生活を /

『デュオフラッツ西新WEST&EAST』の詳細を見る

自転車を通勤、通学で使用するメリット

自転車を通勤、通学で使用するメリット

自転車は、日本全国で最もポピュラーな交通手段のひとつです。

お金をかけずに移動することができ、健康維持にも最適です。

また、公共交通機関や自動車よりも短時間で移動できるため、時間の節約にもなります。

ここでは、自転車を用いた移動のメリットについて4つ紹介します。

交通費がかからない

サイクリングの最大のメリットは、交通費がかからないことです。

日常生活の移動手段をサイクリングに変えるだけで、日ごろの電車代がかなり浮きます。

例えば、毎日通勤・通学に300円かけている人が自転車に変えると

300円×2(往復)×30日=18,000円

毎月18,000円浮くことになります。

10万円以上の高い自転車を買ったところ、1年で元を取ることができます。

したがって、かなりコスパの良い移動手段だと思いませんか。

自家用車を持っている人ならば、月々の維持費やガソリン代もかかりません。

多少、移動の不便さを感じるかもしれませんが、ウーバーなどの宅配サービスが充実してくることから、意外と不便に感じることも少なくなります。

健康維持に最適

サイクリングは健康維持に理想的な運動です。

健康維持に役立つだけでなく、ストレスレベルも軽減されます。

オランダの学会誌に載せられた論文によりますと、下記の結果が明らかになっています。

オランダの医学雑誌『The LANCET』に掲載された調査研究によると、種類を問わず体を使った運動をすることで、心臓病による死亡リスクを20%減らすことができる(※)。

この論文の研究者らは17カ国、13万人を調べた結果、健康でいたいなら1日30分1週間で150分の運動をすべき、と言っている。
(※The effect of physical activity on mortality and cardiovascular disease in 130,000 people from 17 high-income, middle-income, and low-income countries: the PURE study.)

1日30分の移動とありますがサイクリングの場合、片道15分程度を往復するだけで済ませることができます。

医学的見地からも、移動手段を自転車に変えるだけで交通費削減の面でなく、健康維持促進の観点でも高い効果を発揮することが明らかになっています。

加えて、サイクリングなどの適度な運動は注意力を維持、仕事や勉強でもパフォーマンスが向上することが明らかになっています。

場所に縛られない

移動手段を自転車に変えるだけで、かなり行動範囲が広がります。

車の場合、大きな荷物や食材などの日用品の買い出しに向いている反面、近場を探索するのには向いていません。

学生時代に自転車で通勤していた人なら覚えがあると思いますが、帰り道にふらっと道を変えるだけで気付きもしなかったお店やカフェが見つかった経験はありませんか?

自転車の魅力はそこにあると思います。

確かに車は利便性が高く、楽をするという意味では最適な移動手段の一つです。

しかし、自分の見識を広げる、日常に楽しみを見出すという面では自転車のほうが適していると言えます。

場所に縛られないということは、自転車の隠れた魅力の一つですね。

移動の手間を省ける場合がある

自転車を使うことで日々の生活にゆとりを持てるようになります。

通勤・通学に電車を使用していて、「毎日電車の時刻に間に合ないかもしれない!」と焦っている人はいませんか?

私も体験したことがありますが、電車の時刻に間に合ってほっとする反面、どっと疲れが押し寄せてくることがあります。

これから仕事や学校があるのに、そんな疲れを毎日感じているとパフォーマンスが低下することは間違いありません。

通勤・通学圏内が近い人に限りますが、こうした問題も自転車を使用することで大幅に改善できます。

自転車は決められた時間ではなく、自分で決めた時間に移動するもの。

そのため、通勤通学を電車から自転車に変更するだけで日々の生活に時間的なゆとりを持てるようになりますよ。

普通の賃貸住みが自転車を持てない5つの理由

普通の賃貸住みが自転車を持てない5つの理由

実は、賃貸住宅によっては自転車を置くスペースがなかったり、エレベーターの利用ルールで自転車を乗せられなかったりする場合があります。

今回は、賃貸住宅にお住まいの方向けに、賃貸住宅で自転車を持つ際の注意点をご紹介します。

ここでは、一般的な賃貸住宅における問題点を5つに分けて紹介します。

・置き場所がない
・自転車の持ち運びが不便
・騒音、床汚れなどの苦情
・自室への持ち込みが禁止されている
・エレベータの利用規約で使えない

各問題について、具体的に解説していきます。

自転車の置き場所がない

いくら広い賃貸住宅でも、自転車の置き場所に困ることがあります。

ほとんどの賃貸住宅では、ベランダやテラスに自転車を保管するスペースはないうえ、廊下に置くと他の住人の迷惑になることもあります。

そのため、基本的には賃貸住宅近くにある自転車用の駐輪スペースを使用。

しかし、この駐輪スペースはすでに利用者で埋まっている場合や悪質な利用者によって駐車スペースがなかったりする場合があります。

加えて、通勤・通学用に購入する自転車は比較的高価な自転車が多いため、セキュリティ面でも外での駐輪は不安に思いますよね。

現状、一晩中自転車を安全に保管するためのセキュリティ対策がなされていない賃貸物件が多いことを念頭に置いて自転車の購入を検討しましょう。

自転車の持ち運びが不便

自転車の持ち運びが不便

賃貸物件では、自転車を移動させるためのエレベーターを利用できない場合があります。

また、エレベータのない賃貸住宅も多く存在するため、そういった方は自転車を建物の中に持ち込む場合、階段で運ばなければなりません。

自転車を移動するだけでも疲れるのであれば、そのうち面倒くさくなり自転車を使って移動する機会が減ることも考えられます。

保管場所を考えると同時に、どういって自転車の出し入れを行うのかどうかもあらかじめ考えておくといいでしょう。

騒音、床汚れなどの苦情

テナントが自転車を持ち込む場合、他のテナントから「自転車の騒音がうるさい」「タイヤで床が汚れる」などのクレームを受ける可能性があります。

雨などで外の天気の悪い日だと、濡れたホイールで賃貸住宅の床が汚れてしまうことも考えられます。

かといって、共有スペースに自転車を置くことは他の入居者から歓迎されないので、その点を考慮して検討することが大切です。

自転車を自室に持ち込むことが禁止されている

賃貸住宅自体に自転車を持ち込むことが可能かどうかも検討材料になります。

多くの賃貸物件では、自転車を室内に持ち込むには狭すぎますし、大きな物件では、自転車を出し入れするためのランドリールームがある場合もありますが、必ずしもそうとは限りません。

さらに、自転車を室内に持ち込むと、壁や家具を傷つけてしまうなど、安全上のリスクもあります。

中には、友人や恋人を呼ぶときに部屋の外観が自転車の存在によって損なわれてしまうことも。

保管だけに意識を割かず、部屋に持ち込んで自転車を保管する際は外観を損ねないかどうかを判断することも大事なポイントの一つです。

エレベータの利用規約で自転車を載せられない

そもそも、エレベータの利用規約で自転車を載せて移動することが禁止されている場合があります。

昨今の賃貸住宅で自転車の移動を禁止しているところはあまりありません。

それでも、自転車を載せるだけの広さがあるエレベータ付きの賃貸住宅も珍しいので気を付けるに越したことはありません。

自転車の出し入れにエレベーターを利用する予定の方は、一応自転車を購入する前に確認しておくことをお勧めします。

自転車を賃貸マンションに持ち込む際に注意する3条件

自転車を賃貸マンションに持ち込む際に注意する3条件

上記で紹介した、賃貸住宅で自転車を持てない理由を参考に、今度は自転車をもって賃貸住宅に入居する際に注意することを紹介します。

注意事項は全体で3つです。

‐自転車置き場の利用状況
‐エレベータの利用規約
‐自転車が部屋の外観を邪魔しないかどうか

自転車置き場の利用状況

多くの賃貸住宅は、賃貸住宅の近くに居住者用の駐輪スペースを設けているところがほとんどです。

そこで確認すべき点は大きく2つあります。

1つはまだ駐輪スペースに空きがあるのかどうか。

もう一つは、駐輪スペースで雨風が防げるのかどうか。

特に、駐輪スペースは予約で埋まっている場合も多いため要予約の可能性があります。

また、屋根付きの駐輪スペースでない場合、雨が直接当たりやすくなるため自転車の腐食が促進します。

メンテナンス費用が通常の倍以上になるうえ、時には買い替えも必須となってしまいますので、駐輪スペースの予約と屋根付きであるかどうかはしっかり確認しておきましょう。

エレベータの利用規約

エレベータの利用規約

2階以上の賃貸住宅に住んでいる方が対象ですが、エレベータの利用規約を確認するのをおすすめします。

利用規約によっては、エレベーターに自転車を載せることを安全性の観点から禁止しているところもあるので自分の選んだ賃貸住宅が該当していないかどうかをチェックする必要があります。

余裕があれば、自分以外で自転車をエレベーターに載せて移動させている人がいないかどうかを、大家さんや不動産会社に直接聞いてみましょう。

自転車が部屋の外観を邪魔しないかどうか

基本的に、マウンテンバイクなどの高価な自転車は外での保管ではなく室内で保管される傾向にあります。

外での保管ですと、錆び付きの問題やセキュリティの問題があり室内で保管する方がより安心・安全です。

ただ、室内で保管する際に注意すべき点は来客が来ても大丈夫なのかどうかとそもそも部屋に自転車を入れていいのかという点です。

前者は、自転車を一部のインテリアとして飾れれば問題ありません。

しかし、後者に関しては事前に不動産会社に問い合わせておいた方が無難でしょう。

ここまで、賃貸住宅住みの方が自転車を持つ際に注意すべき点をまとめました。

とりあえず、この3つさえ確認しておけば賃貸住宅でも自転車を中心とした生活を送ることができます。

思い立ったが吉日!

といってすぐに行動に移すのではなく、今の生活の一部に自転車を取り入れることができるのかどうかをしっかり確認することが大切です。

ですが、健康面や経済的な観点から自転車の導入を前向きに検討している人も多いはずです。

そんな方向けに、次の章では自転車持ちの人必見の福岡にある賃貸住宅「デュオフラッツ西新WEST・EAST」を紹介します。

賃貸住宅「デュオフラッツ西新WEST・EAST」の紹介

賃貸住宅「デュオフラッツ西新WEST・EAST」の紹介

福岡には自転車持ちに最適化された賃貸住宅があるのをご存知でしょうか。

今回紹介する賃貸住宅の名前は、「デュオフラッツ西新WEST・EAST」です。

『デュオフラッツ西新WEST・EAST』は、自転車を移動手段の中心とした生活を送りたい人が「欲しかった暮らし」のすべてを叶えてくれる賃貸住宅です。

モデルルームの内装を見て分かる通り、デュオフラッツ西新の特徴は自転車もインテリアの一部として日々の生活に溶け込んでいるところにあります。

このほかにも、デュオフラッツ西新がおすすめのポイントがいくつかあるので順番に説明していきますね。

福岡の自転車持ちに最適化された賃貸住宅!

\ ストレスフリーで充実度の高いサイクリング生活を /

『デュオフラッツ西新WEST&EAST』の詳細を見る

自転車持ちの都|福岡の賃貸住宅デュオプラッツ西新の5つの特徴

自転車持ちの都|福岡の賃貸住宅デュオプラッツ西新の5つの特徴

『デュオフラッツ西新WEST&EAST』の特徴は大きく5つあります。

‐顔認証でドアロックの解除が可能
‐自転車をインテリアにできる室内デザイン
‐突然の故障でも即座に対応できる安心施設完備
‐自転車好きと繋がれる豊富な休憩スペース
-お得な自転車サブスクサービス

もう少し、特徴を詳しく見ていきましょう。

顔認証でドアロックの解除が可能

『デュオフラッツ西新WEST&EAST』の最大の特徴は、なんといっても自転車の持ち運びに最適化された設計にあります。

その一例が、上画像で説明している顔認証を用いたドアのロック解除です。

賃貸住宅にお住みの方で、自転車の出し入れの際に、通路をふさいでしまって舌打ちをされた経験はありませんか?

基本的な賃貸住宅の場合だと、自転車の持ち運びを想定していない設計になっているため通路が狭く設計されているところがほとんどです。

そのため、鍵の取り出しに時間がかかってしまうと長時間通路をふさぐことになってしまい、通行人に迷惑をかけてしまいます。

こうしたトラブルを回避するために、『デュオフラッツ西新WEST&EAST』では通路部分を開放的に設計しているほか、鍵の取り出しの手間を省くために顔認証制度を導入しています。

自転車をインテリアにできる室内デザイン

自転車の移動が便利になっても、保管方法がよくなければトータルではマイナスです。

一般の賃貸住宅では、賃貸住宅の外側に駐輪スペースが設けられている場合が多いものの吹き抜けの構造をしていたりなど愛車を保管するのに適していません。

室内で保管しようにも、玄関が狭く室内まで運び入れること自体に無理を感じる人もいるでしょう。

ですが、『デュオフラッツ西新WEST&EAST』では自転車をインテリアとして保管することを念頭に置いた内装設計をしています。

その例が、上画像の壁にかけて保存するスタイル。

このほかにも、『土間』『DIY壁』など自分好みの内装を選択することができます。

上画像は、数ある間取りのほんの一部です。

部屋の間取り等は、『自転車のある生活』公式ページにて閲覧できますので、興味のある方は一度ご確認ください。

福岡の自転車持ちに最適化された賃貸住宅!

\ ストレスフリーで充実度の高いサイクリング生活を /

『デュオフラッツ西新WEST&EAST』の詳細を見る

突然の故障でも即座に対応できる安心施設完備

自転車の導入を検討する要素の一つに、「毎日のメンテナス性」「万が一故障した際の対応」が挙げられます。

通常、故障に関しては近くのサイクリングショップに自転車をもっていって修理してもらう必要があります。

しかし、『デュオフラッツ西新WEST&EAST』の場合ですと1階にあるショップにて相談・対応してもらうことができます。

自分で修理できる場合でも作業のしやすい共有ラウンジが備え付けられているため、のびのびとメンテナンスできることも魅力の一つです。

自転車好きと繋がれる豊富な休憩スペース

自転車好きと繋がれる豊富な休憩スペース

『デュオフラッツ西新WEST&EAST』の魅力は、自転車持ちのメンテナンス性や快適性にだけ特化しているわけではありません。

自転車好きの交流の場も提供しています。

具体的には、サイクリング仲間と情報交換に使える溜まり場があるほか、入居者専用ラウンジには談話スペースも設けられています。

万が一、自分の自転車に不具合を感じた場合でも周りの入居者はみな自転車にある程度精通している人ばかりなので気軽に相談することができます。

もちろん、1階に併設してあるショップでも相談は可能です。

ただ、ショップだと商品を購入したほうがいいか良心が悩む場合もありますよね。

そうした場合に、近くに相談できる存在がいる『デュオフラッツ西新WEST&EAST』はおすすめです。

お得な自転車サブスクも!

最後に、『デュオフラッツ西新WEST&EAST』では自転車のサブスクリプションも導入しています。

サブスクリプションの詳細は、税込み14万円の自転車が月々3000円(入居者以外は5000円)で借りられるという内容です。

しかも、このサービスには定期的なメンテナンス料金も含まれています。

自転車を導入しようと思っているけど、どの自転車がいいのかわからない…

こんな悩みを抱えている方にピッタリのサブスクです。

入居者特典で、通常月額5000円のところ3000円で借りることができるので気になる方は、公式ページをチェックしましょう!

福岡の自転車持ちに最適化された賃貸住宅!

\ ストレスフリーで充実度の高いサイクリング生活を /

『デュオフラッツ西新WEST&EAST』の詳細を見る

【結論】福岡で自転車の賃貸住宅「デュオフラッツ西新WEST&EAST」がおすすめ

結論として、賃貸住宅での自転車保有にはリスクとデメリットがあります。

自転車を保有することに対するデメリットは、賃貸住宅のスペースや規約によっては、自転車を置くことができないという点です。

そのため、賃貸住宅に自転車を導入する際には、これらの点を考慮した上で購入することが大切です。

・どうしても自転車を置きたい!
・自転車を使って健康な生活を送りたい!
・日々の業務や勉強のパフォーマンスを高めたい!

という方でもいくつか解決策があります。

その一つが今回紹介した、自転車持ちを前提とした住宅設計を行っている賃貸住宅に引っ越すということです。

おすすめは、もちろん今回紹介した『デュオフラッツ西新WEST&EAST』です。

自転車持ちに最適化された賃貸住宅なため、ストレスフリーでかつ充実したサイクリング生活を送ることができます。

ただ、最終的には、地域の規制を調べ、あらゆる解決策を検討することで、より簡単に決断することができます。

結局のところ、賃貸住宅での自転車保有は、多くの下調べと自分の事情を考慮する必要がある複雑なテーマなのです。

自転車のある生活と現在の生活を天秤にかけて、少しでも自転車のある生活に傾くようであれば即動き出すことをお勧めします。

今回紹介した『デュオフラッツ西新WEST&EAST』は2022年に完成したばかりで入居者が殺到することが考えられるからです。

『デュオフラッツ西新WEST&EAST』の賃料事情

『デュオフラッツ西新WEST&EAST』では、自転車持ちに最適化された賃貸住宅を提供しています。

立地に関してもかなり好物件で、賃貸住宅の近くには天神や博多などの都会が近く、空港に行くのもとても便利な西新駅もあります。

詳しくは、公式ページを確認してもらいたいのですが生活に欠かせないスーパーや病院も近場にあるので生活に困ることはありません。

むしろ、自家用車の使用頻度が下がるかも…

今回紹介した『デュオフラッツ西新WEST&EAST』は、”福岡県福岡市早良区高取1丁目1-18”にあります。

福岡市近辺の平均賃料(1LDK)の写真がこちら。

デュオフラッツ西新WEST&EASTと一般的な賃貸の料金比較
suumoより抜粋

『デュオフラッツ西新WEST&EAST』の賃料は、1LDKで7万円台~なので比較してみてもかなり抑えられていることが分かります。

この値段で、ペットの飼育も可能ですので自転車を生活に取り入れたい人だけでなく、ペットと過ごす時間を大事にしたい人にもおすすめです。

賃料に関しても、相場と比較しても大差のない価格ですので迷うのであれば引っ越してみるのもアリだと思いますよ。

福岡の自転車持ちに最適化された賃貸住宅!

\ ストレスフリーで充実度の高いサイクリング生活を /

『デュオフラッツ西新WEST&EAST』の詳細を見る